人々の争いを構成な立場から見守る士業の実態

スムーズに話し合いを

返済し過ぎている借金があるかもしれません。過払い金を熊本で請求するならコチラにサポートしてもらいましょう。

相続争いを未然に防ぐ方法として、遺言書を作成しておくことも有効

人が財産を遺して亡くなった後に、相続争いが発生することは、珍しくないことでしょう。こうした、遺産をめぐる揉め事を未然に防ぐ有効な方法として、遺言書の作成が挙げられます。ただし、遺言書は、正しい方法、正しい形式で作成される必要があります。また、その種類も、いくつかあります。その1つが、公正証書遺言です。この公正証書遺言は、公証役場にて、2名以上の証人の立会の下、遺言書を作成したい当事者(被相続人)が口述し、その内容を公証人が筆記するといった要領で作成されます。ちなみに、公証人は、法務大臣から任命された裁判官や検察官、弁護士などです。つまり、法律家の作成する公文書に該当する公正証書遺言は、形式不備によって無効となるリスクが小さいと言えます。

作成方法、形式によって、メリットとデメリットがあることを認識する

もちろん、公正証書遺言にも、デメリットがあります。その1つは費用がかかる点です。また、証人の立会の下で作成される公正証書遺言は、少なくとも、2人以上、内容を知る第三者が存在することになります。つまり、完全に秘密にすることができなくなるワケです。そこで、どうしても、内容を秘密にしたいのであれば、自筆証書遺言という形式を採用することになります。文字通り、自筆の遺言作成となるこの形式であれば、確実に、内容を秘密にできます。ただし、形式不備にならないよう、細心の注意を払う必要があります。また、この遺言書の場合、相続発生時に、相続人が家庭裁判所に出向き、検認の手続きをする必要があるなど、少々、手続きが煩雑です。このように、遺言書は、形式によって、メリットとデメリットがあることを認識する必要があります。

↑ PAGE TOP